大原宝泉院      トップページ  京都の庭園と伝統建築  MAP  新緑の京都  三千院




閉門間近の宝泉院。途中で1人の拝観者と顔を合わせただけで、しばらくこの空間を独り占め






樹齢700年と言われる五葉松も「額縁」の中に






最も美しい「額縁」として景色を堪能できるよう、計算された柱と柱の間合い









建物を取り巻く庭園の名称は盤桓園(ばんかんえん)。「立ち去りがたい」を意味するとか。






格子越しに眺める鶴亀庭園。茶器が置かれているのも印象に残りました。








平成17年に作られた新しい庭園「宝楽園」。良い意味で新しさを感じさせない深い趣を漂わせています。






苔と白砂と置き石。木漏れ日が日本の美しさを引き立てます。






苔むした石垣が続く、三千院から宝泉院に向かう道






途中に建つ勝林院は天台声明(しょうみょう)で有名。宝泉院はここ勝林院の子院になるそうです。






宝泉院の拝観料は800円。抹茶と菓子付きです。少し高く感じますが、額縁から見る景色を見ながらのお茶は格別です。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.