鹿苑寺金閣 
雪の金閣 禅の庭 京都の庭園  MAP





正式名称は鹿苑寺。臨済宗相国寺派の禅刹です。
足利義満の山荘北山殿を、義満の死後、遺言に従って夢窓国師を開山とし、鹿苑寺と名付けたのがこの豪華きわまる金閣寺の始まり。
受付を過ぎて視界に金閣が飛び込んできたときの美しさは、まさに「息を飲む」!という感じです。









金閣は一層が寝殿造(法水院)、二層が武家造(潮音洞)、三層が禅宗仏殿造(究境頂)の三層で構成されている――とのことです。






金閣は俗物だね――と言う人も多いけど、鏡湖池とのバランスを考えたら庭として最高に洗練された構図ではないかと。
庭園は鏡湖池を中心に室町時代以前から伝わる浄土思想に基づいて作られている名園で、眺めているとけっこう飽きません。






運がいいとたま〜に人が誰もいなくなる瞬間も。正面は勅使門かな。






Copyright (C)  Goto.N. All rights reserved for the photographs of this website.