高台寺   

 臨済宗建仁寺派、こうだいじ、京都市東山区 

 

とにかく綺麗なお寺、というのが高台寺の印象です。

臨済宗建仁寺派の禅刹で、市民向けの座禅など宗教活動にも熱心ですが、

寄りつきにくい雰囲気はいっさいありません。

豊臣秀吉の正室北政所ねねの方が建立したという歴史も、

境内に優しい雰囲気をもたらしているのかもしれません。

開山堂前の庭園は桃山時代の代表的な作品で、築いたのはかの有名な小堀遠州。

方丈前庭は一面に白砂を敷いたもので、梢の向こうに霊山観音が美しい姿をみせています。

ちなみに、茶室傘亭、時雨亭は伏見城から移築されたもの。

素朴な味わいが千利休の好みを表しているようです。

 

観月台【重要文化財】と庭園

 

 

 

開山堂 【重要文化財】

 

中門

御霊屋 【重要文化財】

臥龍廊

遺芳庵

傘亭 【重要文化財】  

時雨亭 【重要文化財】

 

方丈前庭

 

 

 霊屋は豊臣秀吉とねねの方を祀っているところで、厨子などに施された蒔絵は華麗のひと言。高台寺蒔絵として有名です。

開山堂の天井にはねねの方が使った御所車の天井、前方の格子天井には秀吉が使った船の天井が使用されています。

 市バス・東山安井(東大路通)から徒歩10分  

 禅の庭に戻る