京都御所 紫宸殿



紫宸殿は即位礼など公式の大礼が行われた場所で、南殿(なでん)とも言います。
昭和天皇までの即位礼は、ここ京都御所の紫宸殿で行われました。
檜皮葺木造の宮殿建築で、間口は37.7メートル、奥行き27.3メートル、高さは20.5メートル。

黒漆塗りの桟で格子を組んだ蔀戸が白砂の南庭に美しく映えます。
建立されたのは1855年、安政2年です。申込制による参観の場合、紫宸殿の近くに立ち寄れないのは残念・・・・。


紫宸殿正面の承明門から覗く紫宸殿。桜は「左近の桜」で有名。

年2回の春秋一般公開では近くまで行けます。


「右近の橘」と紫宸殿。御簾や柱、壁、檜皮葺の屋根など、日本的な色合いの美しさが漂っています。

紫宸殿正面。中には天子の正式な所在地となる高御座(たかみくら)が設置されています。天皇中心史観では、今でも日本の中心はここ京都御所の紫宸殿。


中国風の承明門(紫宸殿の正門)と和風の紫宸殿が絶妙に調和


紫宸殿前の南庭。江戸時代まで、ここに百官が並んだのでしょうか。
紫禁城に比べると規模は全く比べものになりませんが、京都御所には「和」の美しさが凝縮されています。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.