三信ビル(内部)

日比谷・霞ヶ関 東京の近代建築 クリスマスの三信ビル

東京の近代建築でいちばん好きな三信ビル。

このビルがまさか取り壊されるとは、もう悲しくて・・・・。

2005年12月初め時点ではまだ工事は行われてないけど、

解体はもう時間の問題なのかな。

日比谷という超一等地に建つという立地条件を考慮すると、

所有企業に当然それなりの考えがあるのもわかるけど、やっぱ信じられないなー。

重厚な外観、戦前の香りを漂わせるお洒落な内部のアーケード。

もうそれを二度と復元できないこと、その価値を取り戻せないことを承知で

どのような新しい建物に生まれ変わるのか、楽しみです。 → 三信ビル(外観)

Note: 

設計:横河工務所(松井貴太郎) 竣工:昭和4年

地下鉄各線日比谷駅3分 外堀通沿い


↑ 去年(2004年)の今頃は華やかなクリスマスツリーもあったのに。

← 柱ごとに取り付けられたこの彫刻たちも

取り壊されてしまうのかと思うと・・・・。

なんか瞳も悲しげに見えてしまう。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.