桂離宮 京都の庭園と伝統建築 桂離宮参観記 地図

御幸道・外腰掛天橋立松琴亭外観松琴亭内部賞花亭・園林堂笑意軒書院月波楼御輿寄・その他の景観

 

御幸道〜外腰掛


遠近感を意識した延段、現在でもなお斬新な襖などのデザイン、
あらゆる視点からの美的効果を計算して作られた庭・・・・・。
特に建築知識や審美眼に長けていない自分でも、
おそらく完璧な美しさとはこういう庭や造形のことを言うのかも、と感じた。
ここまで日本的な「美」を凝縮して結集させたところは他にないのでは?


さらに、桂離宮が本当にすごい!と思ったのは――。
正直なところ、桂離宮は計算され尽くされているのが感じ取れて少々息が詰まる感じもする。

「ここはこうすればこう、だからこうなっているんだ」というのが素人でもある程度わかりそうな気がするというか。

ただ、普通ならそういう作者の意図が見え隠れしているのに気づいた時点で急に興ざめとなるのだが、
桂離宮が他と違うのは、それがわかっても「す、すごい!」と思わせてしまう有無を言わせない静かな迫力を備えている点。
この静かな迫力こそ、桂離宮が偉大であることの証かなと思ったりもした。池泉廻遊式庭園では、おそらく世界最高峰の美しさです、たぶん。

→ 好きな庭





天橋立
                                          


州浜の尖端に石灯籠――という単純な構図ですが、これぞ日本庭園の最高峰の美しさです。
池の一部なのに、海のような拡がりを感じられるのも不思議。





松琴亭外観




松琴亭内部


簡素な外観、そして対照的に斬新な内部。
茶室部分の飛び石などに至るまで、完全に計算された美しさに脱帽です。





賞花亭・園林堂
 


離宮で最も高い場所に建つ賞花亭。眺望は絶景です。内部の連子窓も見どころのひとつ
(上の写真は園林堂)。






笑意軒


笑意軒の見どころは、腰壁など斬新なデザイン。稲妻模様の意匠は必見です。





書院


残念ながら、
内部は全くの非公開。せめて桂棚は見たかった・・・。






月波楼
                                            

月を観るために設置された茶室だそうです。内部は極めて簡素な造りですが、細部の意匠にこだわっているのはさすが桂離宮





御輿寄・坪庭露地庭


御輿寄の飛び石はとてもリズミカルで、上品。随所に「静かな旋律」が組み込まれているのも、桂離宮の大きな特徴ですね。






さまざまな風景

ほかにも見処がいっぱいの桂離宮。心に残った風景を集めました。



御所・離宮 大徳寺大仙院 50音順一覧 トップページ 


建物や庭園の解説などについては、「財団法人 伝統文化保存協会」刊行の「桂離宮」を参照させて頂きました。
Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.