酬恩庵(一休寺) 方丈東庭・北庭 禅の庭  京都の庭園と伝統建築



南庭から東庭に入ると、開放的な明るさから一転して幽玄な雰囲気に















方丈東庭は「十六羅漢の庭」と呼ばれ、大徳寺真珠庵の「七五三の庭」と、どことなく相似性。
土塀と石組みと植栽が創り出すこの空間、「完結感」「緊張感」にあふれています。












北庭。中央の蓬莱石を中心に、なんと豪壮で華やかな石組み!
石組で枯れ滝を表しているとのこと、上品ながら迫力を備えた造作はずっと見ていても飽きません。









北庭を庫裏の方に移動すると、露地庭風の趣きに



Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.