建仁寺 両足院 地図 禅の庭 京都の庭園

京都五山の建仁寺。

臨済宗建仁寺派の総本山で、京都最古の禅刹。
開山はかの有名な栄西禅師です。
建仁寺は四条京阪や祇園からも、花見小路を散策しながらの徒歩圏内。

艶やかな祇園の南側に位置しますが、繁華街から少し離れたところにこれだけの大寺院、京都の底力(?)ですね。








「禅刹」の雰囲気を色濃く醸し出している三門や法堂、開山堂なども風情を残していますが、
いちばんの見所は方丈庭園「大雄苑」ではないでしょうか。
作庭者はその柔らかい曲線美か中根金作と思ったのですが、
植熊こと加藤熊吉。この雅な優しさ、とても心地良いです。

さらに建仁寺の塔頭(大半は特別公開寺院)は、どこも個性的な庭ばかり。
門を入ると、苔庭、枯山水、池泉庭園の三要素を備えた両足院はじめ、予想を超える広さの庭園が広がります。
建仁寺派に属する高台寺とその塔頭
円徳院の庭も美しく、豪壮。

有名な風神雷神図は現在、京都国立博物館に寄託されているため、
実際に観ることができるのは複製ですが、こちらも迫力あり。




方丈庭園「大雄苑」






方丈庭園中庭「潮音庭」






茶室「東陽坊」「清涼軒」






両足院方丈前苔庭と玄関前枯山水






両足院大書院前池泉庭園






両足院茶室「水月亭」「臨池亭」






正伝永源院






久昌院






霊源院






高台寺 建仁寺派






円徳院 高台寺塔頭


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.